人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日の丸援助隊が捜索活動開始 最新鋭ハイテク機に期待集まる

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!



最近このHPを読んで副職を探してみてます。やっぱりお金をためるには地道に働いて無駄遣いしないことが一番か。。。と思ったりもしてます。



   日本人にとってハンコは大切なもの。いいハンコを使うとお金がたまるよ♪と言われたことを思い出しました。


 【青川県関荘(中国四川省)=野口東秀】16日午後、日本の国際緊急援助隊が捜索活動を開始したのは、四川省の省都・成都の北北東400キロに位置する広元市青川県。中国側は「(被害の状況が)極めて厳しい地区」と説明しており、最新鋭のハイテク人命探査機を持参した日本隊に期待が集まっている。
 緊急援助隊は午後4時(日本時間同5時)ごろ、生存者の捜索活動を開始した。担当となったのは、住宅街の一角にある中層マンション。マンションは地震で、建物が真っ二つに割れて崩壊し、がれきの中からすでに9人の遺体が発見された。生後2カ月の乳児と母親がまだ生き埋めになっている可能性があるという。
 隊員らは、人間の呼吸を感知する機器やかすかな心臓の鼓動でも探知する最新鋭の機器を手にして、10メートル近くにも積み重なったがれきの山で活動を続けた。
 30分から1時間ほどの間をおいて、「ドーン」という地鳴りとともに余震が発生するため、援助隊も危険と隣り合わせの状態にさらされている。
 中国側は当初、援助隊の担当場所として、土砂で埋もれた小学校を指定したが、急遽(きゅうきょ)変更された。広大な被災地の中で、人口の少ない農村部が指定されたことについては、一部関係者から「都市部は被災者を含め住民が多く、警備面での手間や不測の事態を考慮したのでは」との見方が出ている。
 捜索は夜を徹して行われる予定だが、発生から4日以上が経過しており、生存者の救出は極めて厳しいとみられている。 Yahoo! ヘッドライン

たまに私は反中国的な記事を書きますが、中国が嫌いなのではなく、中国の政治が嫌いなようです。天災に関して日本の灰t区が活用されるのは非常にいいこと。
しかしもっと早く受け入れてくれていれば、と思ってしまいました。
よくもわるくも中国は位置的にも文化的にも近い国です、精神的にちかづけるとよいと思います。
スポンサーサイト

金曜日(世界経済についておもふ) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日本人社員が生き残る“5つの条件” ← だそうです | HOME | 「陸の孤島」から徒歩で脱出=水上救出、物資空輸も本格化-中国四川省の震源地>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。