FC2ブログ

人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トヨタ、一時金は減額回答 満額のホンダ、日産と明暗

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




予約管理SaaSなら「eリザーブP」がオススメ!




FC2レンタルサーバーLite!

2010年春闘で、トヨタ自動車の経営側は17日、年間一時金について、5カ月プラス6万円を回答し、労働組合の要求の5カ月分プラス10万円への満額を見送った。定期昇給に相当する賃金制度維持分(組合員平均7100円)は満額を回答した。
 ホンダはすでに一時金について組合要求の5・7カ月分の満額で妥結。日産も5カ月分の満額を回答した。業績の回復度合いに加え、大量リコール(回収・無償修理)問題もあり、明暗を分ける結果になった。
 トヨタの労組は一時金について、前年実績と同水準の5カ月分プラス10万円(組合員平均184万円相当)を要求。これに対し、経営側は当初、5カ月分マイナス18万円の5カ月割れを示すなど厳しい姿勢だった。最終的には、足元の業績回復に加え、信頼回復に向けた社員の士気向上につなげるため、満額近くまで上積みしたが、リコールの影響による業績の不透明感もあり、満額回答は見送った。
 これに対し、ホンダと日産は、2010年3月期の営業利益が大幅に改善する見込みであることから、一時金で満額を回答。賃上げ(ベースアップ)に相当する賃金改善分は、トヨタとホンダの労組が要求を見送っていた。日産は賃金改定原資として1人あたり7000円を要求したが、経営側は6200円を回答し、事実上の定昇維持にとどめた。Yaoo Headlineこの自動車メーカーごとの格差は、これまででは考えられないことでした。これまで日本のトヨタが、世界のトヨタになるのを我々は見てきました。そして、そのトヨタが今窮地にあります。
スポンサーサイト

その他(独り言) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トヨタからマツダへのハイブリッド技術供与を正式発表 | HOME | ホンダが「CR─Z」8000台受注、計画の8倍>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。