FC2ブログ

人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トヨタ、マツダとハイブリッド車技術で提携へ

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




電話占いアイネ 霊感・霊視・透視




インシュロック(ヘラマンタイトン全商品)をオンライン販売。
1袋から日本全国へ発送いたします。法人さまのコストダウンのお役に立ちます。

 トヨタ自動車とマツダがハイブリッド車(HV)技術で提携することが16日、明らかになった。
 マツダが2013年に発売するHV向けに、トヨタがモーターや制御システムなど基幹装置を供給する方向で大筋合意した。現在は価格を詰めており、年度内に正式契約する見通しだ。
 トヨタが供給するのはHV「プリウス」の基幹装置で、年間数万台分となる見通し。充電池はトヨタとパナソニックの合弁会社から供給し、マツダの「アクセラ」に搭載する案が有力だ。
 各国政府が地球温暖化対策と景気対策を兼ねてエコカー購入支援を行っている中で、自動車メーカーにとっては、HVなどエコカーの品ぞろえ強化が急務となっている。しかし、マツダにはHVや電気自動車(EV)の車種がなく、経営が悪化した筆頭株主の米フォード・モーターからの技術支援も期待しにくい。
 10年3月期の研究開発費が920億円とトヨタ(8000億円)の8分の1に満たないマツダは、HVの単独開発は困難と判断。今年5月、トヨタに基幹装置の供給を要請していた。 Yahoo Headlineこのニュースは国内メーカーと国内メーカーの技術提携の話です。このようにまずは国内メーカーで技術提携は調整するべきでしょう。(マツダは海外資本がはいってはいますが) いまや環境技術は日本の宝になりつつあります。
スポンサーサイト

月曜日(自動車関連の話題を) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日航・デルタ提携なら アメリカン「異議申し立て」 | HOME | 北京汽車工業、サーブ資産に1.97億ドル支払い=スウェーデン紙>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。