FC2ブログ

人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日産、リチウム電池をライバルに供給 NECと合弁で低価格化

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




55坪から手堅く始める不動産投資
将来の年金不安もこれで解消です




今すぐ痩せたいあなたに。本格的痩身インドエステサロン

 日産自動車は16日、電気自動車(EV)向けに生産するリチウムイオン電池を国内外のライバル自動車メーカーに供給する方針を明らかにした。供給量を拡大することで生産コストを抑制し、EVの価格引き下げを図る。また、積極的に電池を供給することで、リチウムイオン電池の世界標準化もリードしたい考えだ。 日産はNECなどと合弁でリチウムイオン電池の生産を手がける「オートモーティブエナジーサプライ(AESC)」を設立。平成23年度までに生産能力を現在の5倍に当たるEV6万5000台分に引き上げ、EVを本格的に量産する24年度以降は30万台超分にまで拡大する。
 EV普及に向けては、車両価格の半分を占めるリチウムイオン電池のコスト低減が課題になっている。このため、他社への電池供給を通じて量産化を加速し、コスト低減を進める。日産では、EVで一定期間使用されたリチウムイオン電池を回収して住宅や工場用電源として再販売する新事業を計画するなど電池価格低減の取り組みを進めている。
 リチウムイオン電池をめぐっては、トヨタ自動車がパナソニックと、ホンダがジーエス・ユアサコーポレーションと、それぞれ共同出資会社を設立。また、日立製作所が米ゼネラル・モーターズに供給、東芝が独フォルクスワーゲンと提携するなど、業界をまたいだ提携が広がりをみせ、開発競争が激化している。Yahoo Headline今はハイブリッド、そして2年もすればEVに変わってくるでしょう。日産はハイブリッドを捨ててEVに特化するようですが、EVの世界で影響力を持つことができるでしょうか。EVにかんしては三菱も積極的で、また優れたバックボーンを持っています。そしてEVに対してトヨタはどうでるのか、興味のわくところです。
スポンサーサイト

その他(自動車の話題) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大卒初任給19万8800円=大企業微増、中小は減少-厚労省 | HOME | GDP高成長で二番底回避の公算、デフレ警戒の声も>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。