人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中国9月外貨準備、過去最高更新 米国債大量購入 強まる発言力

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




ブランド時計、日本一高価で買い取ります! ベゼル時計店




競馬が100倍楽しくなる!!競馬情報サイトの決定版!! 入会金・登録費・年会費【完全無料】!!

 9月末時点の中国の外貨準備高が、前年同月末に比べて19・3%増の2兆2726億ドル(約204兆5340億円)となり、過去最高を更新した。2006年2月に日本を追い抜いて世界一となってからも膨張を続け、9月末の日本の1兆526億ドルに対し2倍以上の規模だ。輸出などで得た民間企業の外貨も金融当局が吸い上げる「外貨中央集中性」が背景にあり、その外貨で米国債を大量購入することで政治的な対米発言力の強化につなげている。
 15日付の中国紙、上海証券報によると、中国人民銀行の調べで9月末時点の外貨準備高は6月末比でも1410億ドル、6・6%増加している。
 中国の輸出入は11カ月連続で減り、貿易黒字も縮小傾向が続いているものの、金融当局による元売りドル買いの為替介入や成長が続く中国へのホットマネー(投機資金)の大量流入、さらに民間からの外貨の吸い上げ策などで「ドル箱」拡大が続いている。
 みずほ総研の鈴木貴元・上席主任研究員(中国駐在)の推計によると、日本の場合、民間が保有する外貨が政府保有の約5倍の約5兆ドルなのに対し、中国は2分の1の約1兆ドルしかないという。その1兆ドルの大半は国有の石油大手や商業銀行などの保有で、民間企業や個人保有は制限されている。国全体で総合した場合、日本の約6兆ドルに比べ、中国は約3兆ドルと日本の半分にとどまるわけだ。
 ただ、民間を含めた経済活動で得た外貨の大半を中央に集中させることで強大な政治パワーとなり、「国際市場の注目を集める」(鈴木氏)ことに成功したことは間違いない。
 外貨準備高のうち約8000億ドルを米国債で、約6000億ドルを米政府機関債で保有するなど、米国にとって中国は“世界最大のスポンサー”。巨額の対中貿易赤字を抱えつつ、オバマ政権が人民元の切り上げ要求をトーンダウンさせているのも、そのためだ。
 もっとも、米国にとって、同盟国の日本と異なる共産国家の中国が「世界一」であることは脅威となっている。中国が米国債を大量売却する意向を表明しただけで、米国債の暴落は避けられない。
 当面、中国の外貨膨張は続きそうな気配だが、中国が外貨準備で米国債を買い続け、ドルと米経済を最終的に支える「人民元アンカー論」がいつまで持続可能か。市場関係者には、不安の声も出始めている。Yahoo Headline 中国の本領発揮といったところでしょう。ここ数年で、一気にどの分野でも中国は発言力を強くしており、いまや世界の中心です。さてこれからただ巨大なだけにあまり見方がいないのも事実で、中国は中国のみで生きられるという自信もあるのでしょう。日本にとっても偉大なる隣国になりそうです。今後の付き合い方は重要です。
スポンサーサイト

その他(独り言) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<全地域を上方修正=景気「持ち直しの動き」-日銀支店長会議 | HOME | ユニクロ快走続く=営業益過去最高-09年8月期>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。