FC2ブログ

人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

軽自動車、巻き返しの秋 減税対象車種を拡大

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




インプラントの良さ知ってますか??




介護保険のきかない掃除や片付けなどをやさしくサポート「おまかせさん」

 軽自動車メーカーが、販売の本格回復に向け攻勢をかけ始めた。エコカー減税の対象車種を急ピッチで拡大しているほか、10月から開かれる東京モーターショーにハイブリッド車(HV)並みの低燃費車を出展するなど軽自動車の性能を広く訴える。HVなどに押され売り上げが落ち込んでいたが、8月の販売台数は前年比5.1%減と下落幅が前月より縮小した。各社とも一段の巻き返しを図り、低燃費車の“主役の座”奪還を目指す。
 「減税などの影響が出ている。年初予想した年170万台の販売見通しは実現するだろう」。8月下旬、ダイハツ工業の箕浦輝幸社長が発言した通り、同月の軽自動車販売は、前年比約5.1%減の11万286台となり、下げ幅は7月より約2ポイント回復した。9月は25日現在、前年同期比9.9%減の約8万9800台で、残り3営業日の猛追に期待がかかる。減税対象の人気軽自動車は9月も“快走中”だ。最も売れているのはスズキ「ワゴンR」で、25日現在約1万100台。8月に続き軽自動車の月間首位を射程にとらえた。それを約500台差で2位のダイハツ「ムーヴ」(約9600台)が追う。 
 8月の販売台数は登録車が前年比2.3%増と軽自動車より一足早く前年超えした。9月も25日現在、トヨタ(レクサス除く)が前年同期比11%増、ホンダが同33%増と相変わらず堅調だ。軽自動車の回復が遅れた理由は減税額が登録車より少ないことなどだが、最近は「車体価格の安さ、環境性能の良さなどを総合的に考えると、軽自動車の方がお得だというお客さまが増えてきた」(業界関係者)という。 
 そうした中で、各社が加速させているのは減税対象車の拡充だ。ダイハツは1日、「ムーヴコンテ」などに減税対象モデルを追加。年内にも投入する新型軽自動車も減税対象とする。スズキも17日、「パレット」の燃費性能を高め対象とした。また各社は、軽自動車の性能のPRも強化。ダイハツは東京モーターショーにエンジンを改良し環境性能を格段に高めた軽自動車を展示する。燃費は1リットル=30キロ前後とHV並みになるとみられ、市販価格が安ければ買い得感を感じるユーザーが増えそうだ。Yahoo Headlineご存知のとおり今回のエコ減税は普通自動車に大きく有利です。そのためにあまり軽自動車には販売台数の恩恵がなかったわけです。
各社ともにさまざまなキャンペーンで攻勢をかけるようです。
ただわたしの個人的な意見としては、もともと自動車を普及させるために軽自動車という分類を作ったわけですが、そろそろ日本ではお役ごめんとしても良いのではないでしょうか。
そして今は排気量が大きいから、ガソリン代がかかる、ということも一概に言えなくなってきていますので、排気量ごとの自動車税をもう少し大排気量車に有利なようにしてもいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

その他(自動車の話題) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【東京モーターショー09】ホンダのEV Cub はもうちょっと未来 | HOME | 自動車大手の8月生産、スズキが13カ月ぶりプラス>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。