FC2ブログ

人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

米GM、低価格ミニバンで中国市場を席巻-今年80万台販売見通し

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




コミュニケーション能力開発を通じて、人々に“豊かで充実した人生”を提供いたします!!




イーモバイルパソコンセット販売のMobile Store!
当店厳選のリサイクルPCが、イーモバイル同時加入でナント1円から!
さらにデータカード端末代金も無料!

8月27日(ブルームバーグ):北京の配達員、ハン・ヤンミンさん(32)はオートバイを低価格のミニバンに買い替える際に、中国自動車メーカーではなく米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)の車を選んだ。
  市内の青果市場で9カ月前に購入したミニバン「五菱之光」からの荷降ろしを待つハンさんは、「GMの技術を採用していることで非常に信頼性が高い」とし、「わたしの村では皆、『五菱』ブランドの車を購入している」と話した。
  破産法適用を申請して会社更生手続きを終えたGMは今年中国で、政府補助金や2万5800元(約35万円)からという低価格設定に支えられて自動車販売を43%伸ばしている。この価格は米国で最も売れているGM車であるピックアップトラック「シボレー・シルバラード」の20%弱。GMは中国以外の新興市場向けで、1リットルエンジンの五菱ブランドのミニバン輸出を開始した。GMは生産するミニバンの2台に1台が中国向けだ。
  市場調査会社TNSのディレクター、クラウス・パウル氏(上海在勤)は「ミニバンは十分な台数が売れれば、利益を出せる」と指摘した。また中国ではミニバンが「今年、非常に良く売れている」と述べた。
  GMは中国での今年のミニバン販売台数が80万台強に達すると見込んでいる。この数字は、GMと地元自動車会社との合弁事業である上汽通用五菱(SAIC-GM-Wuling)が初めて通年で生産した2003年の台数の6倍に相当する。
  GM中国部門のケビン・ウェール社長は「中国の人々は零細事業向けと同時に家族の輸送手段として乗用車を利用する」とし、「米国では一般的に快適さが重視され、乗用車を商業利用のために購入することはまれだ」と説明した。 Yahoo Headliene今必要なのは安価で品質の高い車です。価格も高く、性能も言うことなし、そして品質も、というのは一部でしか利用されません。やはり中国の人口は非常に魅力的で、中国は確実に内需拡大型に経済をシフトしています。品質、間違ってはいけないのがなにも高級な材料を使ったものが品質が言いわけではありません。品質を見誤らず、必要な性能のある商品を作ることが日本経済の復権にかかっています。
スポンサーサイト

その他(自動車の話題) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自動車大手の8月生産、スズキが13カ月ぶりプラス | HOME | トヨタ 新型マークX、10万円値下げ 来月発売>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。