FC2ブログ

人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ホンダ 二輪車用の新型AT開発 小型と高級、海外需要に照準

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




レーザーパーフェクト法ほか、わきが・多汗症のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付




フランチャイズ徹底比較・無料一括資料請求【FC見聞録】

 ホンダは8日、小型バイク「カブ」向けと、高級大型二輪車向けの新型自動変速機(AT)を、それぞれ開発したと発表した。2010年からタイなどアジア地域と欧州・北米で販売する二輪車に新型ATを搭載する。二輪車市場では世界的にAT需要が急増しており、ホンダも新型AT搭載車の拡販を進める。
 カブ向けのATは、既存のベルト式CVT(無段変速機)に新開発の冷却機構を組み合わせることで、2つのプーリー(滑車)をつなぐベルトに発生する摩擦熱を軽減した。これによりベルトの耐久性を確保しながら、滑車間の距離を短くコンパクトな構造とした。高級タイプのカブに搭載し、2010年初頭からタイで販売するのを皮切りに、インドネシア、ベトナムで順次販売する。
 一方、高級大型二輪車向けのATは、電子制御技術を駆使することで、アクセル操作だけで車速に応じたギアチェンジが簡単にでき、スムーズな発進、変速を実現した。燃費は、従来のマニュアルトランスミッションと同等以上の性能を実現した。このATは、10月24日から一般公開される東京モーターショーで、スポーツモデル「VFR」の新型車に搭載。10年に欧州と北米を皮切りに、日本でも販売される予定。
 ホンダが二輪車向けの新型ATを開発した背景には、二輪車市場でATの需要が急増していることがある。世界最多量販車として知られるカブも、その影響を受けており、ホンダが年間約1100万台を販売しているアジア市場ではカブが約半数を占めるが、ATを搭載しているスクーター約35%を占めており、今後も需要の伸びが予想されるという。カブのAT採用は「アジアマーケットでカブの生き残りを図りたい」(大山龍寛常務)というホンダ首脳陣の期待が込められている。また、欧米のスポーツタイプの高級大型二輪車のユーザーからは、簡単な操作を求める声が挙がっており、ホンダは新型ATを二輪車市場での「世界普及技術」として取り組む。
 ただ、低価格車が主流のアジア市場や、需要が低迷する欧米市場で価格を押し上げる新技術が受け入れられるのかについては予断を許さない。伊東孝紳社長は8日の記者会見で、新技術の普及について「今後、浸透していくと確信している」との見通しを示した。(鈴木正行)
Yahoo Headline自動車のAT搭載率はいまや100%に近いのではないでしょうか。その流れは当然オートバイにもやってきます。車好きの人はMT車を好みますが、日本ではオートバイはおおよそ趣味のものですのでMTを好む人が多いでしょう。ただ世界的に見れば
ATは高級志向であり、今後東南アジアを中心に需要は伸びるでしょう。
スポンサーサイト

その他(自動車の話題) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<NY金、史上最高値=終値で1000ドル台 | HOME | 8月企業倒産は3カ月ぶりマイナス、前年比1.0%減-商工リサーチ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。