人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AMEXと提携 高島屋、トラベラーズチェック販売

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




携帯電話 最新機種を格安で購入するなら!【ダイワンテレコム】




国内唯一の頭髪治療専門病院

 大手百貨店の高島屋が米クレジットカード最大手のアメリカン・エキスプレスと提携し、トラベラーズチェック(旅行小切手)の販売や自社の商品券との交換サービスに乗り出すことが17日、分かった。販売は22日からインターネットサイトを通じて行う。一般的にトラベラーズチェックの取り扱いは金融機関が行っており、大手小売りでは初めてとなる。
 高島屋のホームページを通じてアメリカン・エキスプレスの米ドル建てトラベラーズチェックを販売する。利用者は高島屋のネット会員登録が必要だが、購入申し込みは24時間可能。指定された銀行口座に代金を振り込めば自宅に届く。同時に新宿や大阪などの主要店で、アメリカン・エキスプレスのトラベラーズチェックを高島屋商品券に交換するサービスも始める。ターゲットは外国人観光客や海外旅行で使い残した日本人で、買い取りレートに1円をプラスしたレートで交換する。
 百貨店各社は昨年以降の消費不況で売り上げの減少が続いている。今回の提携で、高島屋はネット通販の会員開拓につなげるほか、外国人客の取り込みを狙う。
 一方、世界で初めてトラベラーズチェックを開発したアメリカン・エキスプレスは、世界全体の取扱高が約200億ドルに達している。有効期限がなく、購入時の為替レートが適用されるため、日本でも昨年、円高メリットを生かそうと購入者が増え、前年比40%増を売り上げた。
 ただ、日本での取り扱いは土日は営業しない銀行や郵便局などが多かった。土日も営業し、富裕層を含め幅広い顧客基盤を持つ百貨店大手の高島屋と提携することで販路を拡大し、顧客サービスを充実させる。 Yahoo Headline今カード業界は危機的状況で、これからは再編も進むと予測しています。カードにおいて生き残るすべはなにか、非常に難しいところです。基本的なところだけでもだめ、付加価値だけでもだめ。少し前にもてはやされたステータスは、いまやもっとも売りにはならないところでしょう。ステータス、人間にとって余裕のあるときにほしくなるもですから。
スポンサーサイト

その他(クレジットカードに関して) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<インドの超低価格車 納入開始 「ナノ」街を走る | HOME | 本社工場で休日出勤、減産緩和=マツダ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。