人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

G8と中国など5か国、初の共同文書発表へ

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




キャレントから借換え専用おまとめローン




車の業販価格がわかる業販価格.com

 イタリアで8日から始まるラクイラ・サミット(主要国首脳会議)で、主要8か国(G8)と中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカの5か国が初めての共同文書を発表することになった。世界経済や途上国援助(開発)などで5か国に相応の責任を果たすよう求める内容だ。
 経済力をつけた5か国をG8のパートナーと位置づける狙いがあり、サミットの枠組み拡大論に弾みがつく可能性もある。
 文書には、世界経済の持続的でバランスのとれた成長を確保するため、グローバル・インバランス(世界的な国際収支の不均衡)の解消に向けた協力などが明記される。世界貿易機関(WTO)新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の最終合意に向けた協力も盛り込まれる見通しだ。
 また、途上国援助の原則も明記する。具体的には、資源確保などの思惑に左右されないことや、透明性確保などだ。背景には、中国などが資源確保を狙ってアフリカ諸国への援助を急増させ、相手国政府の腐敗や混乱を招いているのでは--との懸念がある。G8側は援助の原則を共有することで、援助が相手国の経済発展や福祉につながることを期待している。
 5か国は「新興国」と呼ばれ、サミットの正式メンバーではないものの、2005年のグレンイーグルズ以降、毎年のサミットに招待されている。最近は自らを「G5」と称し、存在感を高めている。 Yahoo Headline今回の世界経済危機で先進国と途上国という枠組みが完全になくなっていることを認識しています。そして内需に期待ができない先進国と呼ばれる国々は、秘めたエネルギーを持ち合わせていません。数世紀にわたり米欧中心だった世界はアジアが中心になるのでしょうか。
スポンサーサイト

その他(独り言) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<泥沼のエルピーダ支援 権限拡大狙う「官」と逃げ腰の「民」 | HOME | 国内新車販売、政策効果じわり? 6月は13・5%減>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。