人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

<東証>年初来高値更新 迫る1万円台

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




今すぐ痩せたいあなたに。本格的痩身インドエステサロン




完全無料のらぶ☆なびで♪

 8日の東京株式市場は、日経平均株価が一時、9900円台をつけ、1万円台が目前に迫ってきた。昨年の夏以後、日本株を大幅に売り越していた外国人投資家が4月から買い越しに転じたことが株価の押し上げにつながっている。「景気は最悪期を脱した」との期待から、市場に資金が戻りつつあるようだ。
 日経平均の8日終値は前週末比97円62銭高の9865円63銭で、年初来高値を更新。景気底打ち期待から米の利上げ観測が浮上し、ドルが買われて1ドル=98円台の円安に振れたことから、輸出関連株を中心に買い注文が先行した。
 日経平均株価は5月、8800円台から9500円台まで上昇した。財務省が8日発表した同月の対外・対内証券売買契約状況によると、外国人投資家による日本株の取引は、「買い」が「売り」を5825億円上回り、2カ月連続の買い越しとなった。東証の売買の半分近くを占める外国人の「日本株買い」が相場上昇に一役買った格好だ。
 2カ月連続の買い越しは、米証券大手ベア・スターンズの実質破綻(はたん)を受け市場が小康状態だった昨年4~6月以来。昨年7月からは毎月1兆円規模の換金売りが続いてきたが、5月に米金融機関の特別検査が終わり、投資家に安心感が広がった。
 ただ、原油や穀物などの国際商品市況やアジア株の上昇に比べ、日本市場は出遅れているとの指摘もある。大和証券SMBCの西村由美マーケットアナリストは「日本の株式市場が出遅れを戻すには実体経済の本格回復が必要」と話している。Yahoo Headline
さて日経平均が10000円台回復が近くなってきました。わたしの予想では少々上は重く、まだ少々10000に行くのは時間がかかるのではないでしょうか。
ただ株価は戻ってきましたがまったくもって景況感はよくなっていません。ある程度失業率が改善されて、かつ一般サラリーマンの給与が改善されて始めて景況感はよくなるでしょう。
スポンサーサイト

その他(独り言) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<世界初の量産型電気自動車「アイミーブ」459万9千円 | HOME | カタール、ポルシェ支援へ=VWに出資も-独誌>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。