人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

世界最高の投資家 ウォーレン・バフェット氏が弾くウクレレ

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




高性能小型マイク内蔵ボールペン




ネットキャッシングならキャレントで借りんと!

 世界最高の投資家と呼ばれ、今年3月の米誌フォーブスによる世界の億万長者ランキングではマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏に次いで世界第2の富豪と認定されたウォーレン・バフェット氏の趣味は、ウクレレである。
 「ウクレレのすばらしいところは、簡単に弾けるようになることだ。15分もあれば1曲演奏できるようになる。弾き語りだってできるし、どこへでももっていける」。かつてバフェット氏は、ウクレレの魅力をこう語ったことがある。
 ネブラスカ州オマハに住み、慈善家としても知られるバフェット氏は、しばしば近くにある児童館を訪ね、施設の子供たちにウクレレを教えるという。そのもようを伝えたロイター電によれば、教えてもらった子供が無邪気に尋ねた。
 「ねえねえ、世界で2番目のお金持ちがあたしたちのウクレレの先生なら、1番目のお金持ちもウクレレを弾くの?」。答えは、イエスだ。バフェット氏がゲイツ氏に教えたのである。
 お得意のレパートリーはフォークソングの名曲「赤い河の谷間」のようで、子供たちにも教えたらしい。
 ♪故郷に帰っても/赤い河の谷間の/一面の花の中で交わした愛を忘れないで
 「赤い河の谷間(レッド・リバー・バレー)」とはミネソタ、ノースダコタ州あたりのレッド・リバー沿いの地域を指す。だがなにより、赤い河の谷間とは、美しく、楽しかった過去の象徴といえるだろう。
 バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイは今月、オマハで年次株主総会を開いた。1969年のロックの祭典になぞらえ、「資本家たちのウッドストック」と呼ばれるこの会合で、同氏は厳しい見通しを述べざるを得なかった。
 バフェット氏は、一時はオバマ政権での財務長官候補にも挙げられるなど現政権との結びつきが強く、大統領にもたびたび助言しているとされる。会合では「政府は現在のところ、正しい政策を行っている」と評価した一方で、「われわれは経済的な真珠湾攻撃に直面している」と弱気のコメントも漏らした。
 「赤い河の谷間」では、地元の女性の悲痛なまでの求愛を振り切って、結局男は故郷に向けて谷間を去ってしまう。さて、投資家たちにかつて甘い時をもたらした市場経済は、再び投資家の元に戻ってきてくれるのだろうか。Yahoo headlineご存知のとおり 世界一の投資かもいまの世界的経済危機の中で無傷ではありません。この世界一の投資家はある意味、アメリカの象徴、資本主義の象徴であったと思います。世界一のお金持ちは物を作り出している、世界2位はお金を動かしている、1位と2位の違いは非常に大きいと思うのですが、皆さんはいかがですか?
スポンサーサイト

日曜日(収支決算やそのほかの話題を) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BMWとポルシェが独政府の救済を検討=独シュピーゲル誌 | HOME | 英国軍、トヨタ プリウス 50台を配備>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。