人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スズキ会長、「日本の自動車メーカー、ビッグ3に再編も」

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




【無料DVD】プレゼント!PPC広告で稼ぐ起業講義!




【ぐるなびトラベル】大好きなペットも一緒に楽しい旅行を!ペットプラン

景気減速により世界の自動車メーカーが危機に瀕している中、日本の自動車業界で合併を通じた生存を模索すべきとの主張が出ている。
スズキの鈴木修会長兼社長(78)は25日、日本経済新聞とのインタビューで、今後日本でも10社を超える自動車メーカーがビッグスリーに集約されるかもしれない。そうした事態を想定して経営戦略を立てている」と明らかにした。こうした発言は、「いまが自動車産業の底ではなく、来年7~8月ごろに本当の厳しさを迎える」との判断から出たものだ。
鈴木氏は2000年に社長から会長に退いていたが、最近になり非常経営を宣言して社長を兼務している。
鈴木会長は、「自動車産業が構造的不況に陥る懸念がある。ピアノ販売不振に直面したヤマハがピアノ教室を開いて子どもたちにピアノに関心を持たせたように、自動車業界も車を売るための手段を再構築する必要がある」と述べた。同紙はこれについて、「提携と交渉の達人として知られる鈴木会長が動けば日本の自動車業界の再編が加速するだろう」と分析している。
産業再編の見通しが出るほどに日本の自動車業界の状況は深刻だ。日本で自動車3位の日産自動車の11月の世界生産台数は昨年より33.7%少ない22万2212台にとどまった。
中央日報
あながちこの話、真実味が薄いわけではなさそうです。
最終的に自動車メーカーのキーが、アメリカになるのか、ドイツか、日本か、それとも中韓か、、
不確定な部分が多すぎますが、それでも世界で再編成が起こることでしょう。
良くも悪くもその中心にあるのは日本メーカーとドイツメーカーだと思っています。
スポンサーサイト

日曜日(収支決算やそのほかの話題を) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トヨタとダイハツ、新型ミニバンを発売 室内アレンジ簡単に | HOME | トヨタ赤字 “大政奉還”いつ…高まる創業家への期待>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。