人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

当面の「延命策」 次期政権に丸投げ

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




無料で儲かる副業を始めるなら「ただてん?」




信頼性のあるレンタルサーバーならこちらで検索!

米政府と議会民主党は5日、米自動車大手3社(ビッグ3)救済のため公的資金150億ドル(約1兆4000億円)を緊急融資することで合意したが、救済法案がすんなり可決されるかは予断を許さない。民主、共和両党内には依然、救済に難色を示す議員も多いためで、仮に法案が可決されても当面の危機を回避するための「延命策」に過ぎず、本格的な経営再建につながるか懐疑的な見方も強い。
 米政府と民主党首脳が合意した緊急融資150億ドルは、ゼネラル・モーターズ(GM)が「1月末までに必要」と訴えていた80億ドルに、クライスラーから支援要請のあった70億ドルを加えた額と一致する。フォード・モーターは米上院での公聴会で「当面の資金繰りには困っていない」(ムラリー社長)と答えており、支援策はまさに「1月末までの運転資金の手当て」に過ぎないとみられる。
 「3社の再建には最大で1250億ドルが必要」(ムーディーズ・エコノミーのマーク・ザンディ氏)との試算には遠く及ばず、GMやクライスラーが抱えている構造問題に踏み込むには不十分な支援規模だ。販売店やブランドの統廃合、工場閉鎖や人員削減といった抜本再建策を実行に移すには追加的な資金支援が不可欠で、オバマ次期米大統領は来年1月の就任直後に改めてビッグ3支援問題という難問を突きつけられる可能性が高い。
 ビッグ3救済については、米CNNテレビの世論調査で6割超の回答者が「支援に反対」と答えている。一方で、ビッグ3の背後にはさまざまな既得権益を持ち、民主党の強力な支持基盤でもある全米自動車労組(UAW)が控えており、ブッシュ政権からビッグ3の処理を丸投げされた形のオバマ氏は厳しい調整を迫られそうだ。Yahoo Headline

わたしはビック3の1社くらいはつぶすものかと思ってました。
そもそもこの自動車業界の危機はアメリカが、
もう自動車産業はいらいないと判断して解体を進めた結果このようになったと思っていましたが、
公的資金を注入となるとそうでもないのでしょうか。
たしかに雇用は守る必要がありますからねぇ。
スポンサーサイト

その他(独り言) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スーツに合う靴を購入したいと思います | HOME | タクシン派が新党発足 巻き返し目指す>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。