人生 小春日和がよいですねぇ(一攫千金日記)

人生小春日和で過ごしたいものです。 それには先立つものが、、、、 アフィリエイト ⇒ 投資 ⇒ お金持ち! は実際になれるのでしょうか? 人生をかけてチャレンジしてみたいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スズキがインドで次世代小型車のコンセプトを公開

以下のリンクにクリックお願いします。
皆様に見ていただいて喜んでもらえることがわたしの第一歩!
気に入ったものがあれば資料請求、購入していただければ最高です!!




これ一台いかがですか? 会議の議事録にも、営業にも使えると思います。私も使ってます。
わたしは明日の予定をつくるのに使用中♪
魔法のペン




行政書士試験合格サイト 東京法経学院

 スズキのインドにおける4輪車製造・販売子会社であるマルチ・スズキ社は、2008年1月9日にインド・ニューデリーで開幕する第9回ニューデリーオートエクスポで、次世代小型車のコンセプトカー、コンセプトA-Starを公開する。

 スズキは世界戦略の第1ステージとして“スポーツ”を掲げ、2004年以降スイフト、エスクード、SX4の3車種を投入。第2ステージでは“ファミリー”をテーマとし、家族の誰もがそれぞれの使い方で満足できることを目指した小型車、スプラッシュを開発。2008年春に欧州市場に投入する。

 今回公開されるコンセプトA-Starは、スプラッシュに続くスズキの世界戦略車第2ステージの第2弾となる量産モデルを示唆したコンセプト。現在スズキはこのコンセプトA-Starをベースに量産モデルを開発中で、2008年秋以降にマルチ・スズキ社のマネサール工場で生産開始し、欧州を含む世界市場への輸出を計画している。

 コンセプトA-Starの量産モデルは、欧州の排ガス規制であるユーロ5をクリアした最新の1.0リッター・エンジンを搭載予定で、欧州の同クラスの小型車より優れたCO2排出レベルを達成した世界最高水準の環境性能と、快適な居住性を兼ね備えることを目指している。


20071212_01_suzuki_01.jpg

ベースはセルボでしょうか?
個人的には日本の製品は安くて、良いものでないとだめだと思います。
良いものは多いのですが、安いものが少なくなりました。
インドは低価格自動車盛り上がっていますが、
今のところタタに対応できるのはスズキだけでは?っと思っています。
負けない日本のものづくりを! 楽しみです。
スポンサーサイト

月曜日(自動車関連の話題を) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お盆時期の東名高速ETC利用者の通行料金を半額に | HOME | 収支ご報告(2008年8月3日)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。